朝撮れフォト

40代主婦 カメラ日記

西の星座

 

f:id:winged1:20151211053403j:plain

西の空

今日も星座のお勉強です!

空の状態が良かったので小さいですが色んな星団や銀河が写っていました。

 

f:id:winged1:20151211053510j:plain M33さんかく座の渦巻銀河です。

中央のもやっとしているやつ。

 

f:id:winged1:20151211053620j:plain M34 ペルセウス座にある散開星団

中央のつぶつぶ。

 

f:id:winged1:20151211053729j:plain ペルセウス座にある二重星h-χ 二つ仲良く星団が並んでいる。

 

f:id:winged1:20151211053913j:plain

アンドロメダ銀河

 

Mel20(散開星団)ってやつも美しい。

 

今まで星空を撮ってきて悟った事がある。

私のカメラとレンズで星空を撮るときには、低いISO感度で長時間露光をした方が綺麗にうつる。

低いISO感度といっても、撮影場所の環境次第で自分の感覚で決めるのだけど、

シャッター時間は60秒ぐらいが良いと思っている。上の写真も60秒で撮った。

 

コンテストで優勝するレベルの写真の情報を見てみるとISO感度が高く設定されている。6000位で20~30秒程度というのもある。ぶっちゃけ、私のカメラではノイズがひどくなり綺麗にはうつらない。ISO6000という設定はできるが美しくない。もしかしたら画像処理でノイズを消すのかもしれない。綺麗な写真の情報そのま真似ても自分の環境では無理な事もあると悟った。

 

高感度ノイズ低減の設定もあるか、天の川狙いのときにはOFFにしたほうがいいらしい。小さい繊細な光をノイズと間違わないようにするためだ。

だからノイズを少なくするために、感度を低く長時間にして光を稼ぐ作戦だ。

ポラリエで追尾できるのでこの作戦が良いと思う。

 

 

f:id:winged1:20151211060308j:plain

東の空