朝撮れフォト

40代主婦 カメラ日記

確定申告のための簿記3級

f:id:winged1:20160223084155j:plain

去年私は確定申告の不安をなくすために簿記3級をとりました。フリーランスで仕事をするようになって一番つまずいた場面です。ネットで「仕訳・勘定科目」等を検索するとみなさん同じようにつまずいていますね。このような方たちに向けて書こうと思います。

 

つべこべ言わず、簿記を勉強せぇ。

 

 

簿記の勉強をする前は、経理ソフトの入力の仕方さえ分からず、本を読んだり講座などを受けてなんとかやっていました。でも確定申告の期間には必ず憂鬱で不安で「マルサの女」が来たらどうしようと思ったりしていました。

 

パソコンソフトがあっても、基礎知識が無いと無理です。基礎知識があってこそ確信を持って仕訳が出来るのです。

 

基本的に経理関係、お金の勘定に関して根っから苦手意識があったので不安な気持ちは常に持っていました。なんとかしてその不安から脱却したい!

個人事業主が経理の不安なら逃れるための手段は、この2つしかないんです。

 

その1、会計事務所に依頼をする → 料金がかかる

 

その2、自分でやる → 嫌いな簿記の勉強をする

 

私は会計事務所に頼めるほど売り上げがないが、勉強する時間はありました。

苦手で苦手でいやで嫌で、今まで会計係と名の付く仕事から避けてきた私は、簿記の勉強をするしかないのだとやっと気が付いたのです。

 

簿記3級は確定申告に役に立たない?

 

 

いいえ、役に立ちます。実際は、日々の帳簿付けができればパソコンソフトがやってくれます。

つまり、青色申告するための用紙をパソコンがプリントアウトしてくれるのです。

それは日々の帳簿付けが正しい事が大前提にあります。正しく帳簿付けをしている確信が我々には必要です。

 

「不安」なのは「知らないから」知ればいいんです。

 

どうして貸方に書かなければいけないのか、

どうして借方に書かなければいけないのか、

 

これを理解するだけでも簿記を勉強してみましょう。けっこう楽しいですよ。資格なんて本当はいらない。だけど受験に受かるように勉強してみましょう。個人事業主として経営者として。「教えて○○」で質問するのはかっこ悪いですよ。